食事の時間を楽しくするために

保育園や幼稚園、小学校でもみられるのですが、子どもたちのなかには箸が上手く使えなかったり、食べ物をうまくの飲み込めないといったかたちで食事に関する問題を抱えている子たちがいるようです。

箸がうまく使えるようになるには、何よりも家庭内でのお父さんお母さんの指導が必要とされてくるでしょう。保育園、幼稚園、小学校など集団生活を行う場で、一人だけ食事の時間がかかってしまうと本人にとっても大きなストレスになってしまうことも考えられます。

箸の使い方に慣れるまでフォークやスプーンを持参したり、食べ物がうまく飲み込めないような子には、おかずを小さめにカットしてあげたりする工夫が必要となるでしょう。自分だけが特別扱いとされるサポートではなく、大勢の子どもたちと一緒に食事をする楽しみが感じられるようなアイディアがポイントです。