保育士の具体的な仕事内容

保育士以外の仕事をしている人から見ると、保育士の仕事は子供と遊んでいるだけだと思う人も多いことでしょう。しかしただ子どもを預かり一緒に遊んだり、身の回りの世話をするだけではなく、その他にも数多くの仕事内容が詰め込まれているのです。

保育士の役割は、子供が安全に生活できるようにお世話をしながら、心身の発達を促したり社会性を養うこととも言えます。乳幼児の頃から通う子も多いので、食事や睡眠、排泄や衣類の着脱などといった、基本的な生活習慣を身につけさせることも仕事のひとつとなります。

具体的な仕事内容としては、出勤後開演の準備を行い、部屋の掃除やスケジュールの確認などを済ませて迎え入れます。登園後は自由遊びや散歩など、プログラムに沿った活動を行うことになります。昼寝をしている時間帯には、会議や連絡帳への記入なども忘れずに行います。お迎えが来たら保護者に子供を引き渡し、子供が帰った後も園内の掃除や片付け、教材準備など、その仕事は多岐に渡ります。