木登りと子どもたちの遊び

最近の子どもたちは木登りをする機会が少ないため、運動神経が鈍いなどと言うおじいちゃんおばあちゃんもいるようです。

保育園でもできる限り子どもたちの危険な遊びにつながるような遊具は設置しないようにマネージメントしていますが、子どもたちの身体能力を育成するためには、アスレチックなどの運動器具があると運動神経などを養うためにも効果的であると考えられているようです。

保育園の活動状況のなかでは、専門に体育指導を行う先生をお招きして特別クラスを開催する園もあるようです。子どもたちの心の成長は、身体の成長にもリンクしておりますのでできる限り活動的な運動指導を心掛けていきたいものです。先代では木登りなどの遊びから子どもたちは、多くの学びを得ていたようです。